Twitterに投稿されるネガティブな投稿を無料で監視する方法とは

2019年2月の最新情報によると、Twitterの国内月間アクティブユーザー数は4,500万人と、多くのユーザーがTwitterを利用していることが分かります。

ネット風評被害・誹謗中傷が発生するチャネルは数多くありますが、Twitterは拡散性が高く誰でも匿名で投稿を行うことができるため、近年はネット風評被害・誹謗中傷の発生・拡散されるチャネルとして注意が必要なソーシャルメディアの1つです。

今回は、「ネガティブな投稿がTwitterにされた際に早期発見をするためにできる無料の監視方法」を紹介していきます。

★ネット風評被害・誹謗中傷を迅速に解決へ導きます★
\ネット風評被害対策の無料相談はこちらから/
03-5327-8871
土日・祝日を除く10:00〜19:00
メールでのお問い合わせはこちら

Twitterのネガティブ投稿を監視すべき理由とは

Twitterのネガティブ投稿を監視すべき理由とは

そもそもTwitterのネガティブ投稿を監視する理由は、2つあります。

誰でも匿名で簡単に投稿できてしまう

Twitterは匿名性のソーシャルメディアです。登録ユーザーの多くが本名ではなく、Twitter上のニックネームを登録しており、それ以外の電話番号や住まい地域などの個人情報は表に出ないチャネルです。

そのため気軽に情報を発信できる点、事実無根の確実性ない情報を投稿してしまうユーザーも多く存在します。噂程度の話や他のアカウントが投稿した内容を真実と受け止めいいね!やコメント、リツイートをしてしまうため、早期にネガティブな投稿を発見する必要があります。

Twitterは拡散性が高い

Twitterは、いいね!やリツイートをしたユーザーの友達にも投稿が表示される仕組みになっています。

例えば、フォロワーが100人いる人がネガティブな投稿をしたとします。その100人中2名がリツイートしたとし、その2名も100人のフォロワーがいたとします。

たった2リツイートされただけでも300人にネガティブ投稿が届くことになります。

このように誰でも簡単に投稿でき拡散性が高いため、早期発見・早期解決が必要となります。

Twitterを無料で監視するならYahoo!リアルタイム検索!

Yahoo!が提供するリアルタイム検索で、キーワードの一致するTwitter投稿を確認することができます。

ブラウザ上で確認することもできますし、アプリもあります。

Yahoo!リアルタイム検索-ブラウザ版

リアルタイム検索ブラウザ

上記のようにYahoo!リアルタイム検索の検索窓に検索したいキーワードを入力すると、検索キーワードに一致したTwitterの投稿が表示されます。

ブラウザの場合は、キーワードを都度検索する手間がありますので、本当にリアルタイムで投稿の通知を受けたい場合はアプリ版を利用することをおすすめいたします。

Yahoo!リアルタイム検索-アプリ版

Yahoo!リアルタイム検索アプリ版

Yahoo!リアルタイム検索のアプリ版では、アプリ内で監視したいキーワードをお気に入り登録することが可能です。

お気に入りしたキーワードの投稿がされた際、Push通知にてスマートフォンにアラートが行くようになっています。

通知のタイミングも「ツイートが急激に増えたとき」「新着ツイートがあったとき」の2パターンから選択することができます。

Yahoo!リアルタイム検索のアプリを登録しておけば、新着ツイートがあった際にアラートを出してくれますので、自社の会社名やサービス名などを登録しておくと、Twitter風評被害・誹謗中傷の早期発見を行うことが可能です。

まとめ

今回は、Twitterの風評被害・誹謗中傷を早期発見するために使えるYahoo!リアルタイム検索を紹介しました。

無料で使えるアプリになっていますので気になる方は利用してみてはいかがでしょうか。