Googleの検索エンジンで検索する際、『検索窓口の下に表示されるキーワード』『検索結果の下部に表示される○○に関連する検索キーワード』を利用したことがある人も多いのではないでしょうか。

これらは検索ユーザーの利便性を高めるためにGoogleが提供する機能です。検索結果同様に表示される仕組みが存在し、いくつかの要因で表示されます。

ポジティブなキーワードがGoogleサジェストや関連ワードに表示されれば良いですが、時にはネガティブなキーワードが表示されてしまうこともあります。

今回は、Googleサジェスト・関連ワードの仕組みと風評被害リスクから対策方法までを解説していきます。

★ネット風評被害・誹謗中傷を迅速に解決へ導きます★
\ネット風評被害対策の無料相談はこちらから/
03-5327-8871
土日・祝日を除く10:00〜19:00
メールでのお問い合わせはこちら

Googleサジェストとは

Googleサジェスト

Googleサジェストとは、Googleで検索する際にキーワードを入力する検索窓口において、Googleが候補キーワードを表示してくれる機能のことを指します。別名、オートコンプリート・検索補助機能とも呼ばれています。

Googleがサジェストを表示させる目的は、ユーザーが探している情報を効率的に見つける手助けを行い、ユーザーの利便性を高めることです。

大体の目安として、2週間〜4週間程度でGoogleはサジェストの更新を行なっており、その更新タイミングでキーワードが入れ替わるようになっています。もちろんGoogleアルゴリズムの更新となるため、更新タイミングでキーワードが入れ替わらないこともあります。

Googleサジェストの仕組み

Googleサジェストが表示される仕組みは様々ありますので、1つずつ解説していきます。

検索回数の多いキーワード

Googleサジェストは、Googleアルゴリズムによって自動で生成され、入力したキーワードに付随したキーワードが表示されます。

そのためGoogleがサジェストキーワードを表示させる目的を考えれば、検索ユーザーが多く検索するキーワードが表示されるようになっています。

例えば「結婚祝い」と検索窓口に入力した場合、

結婚祝いGoogleサジェスト

上記のサジェストキーワードが表示されます。「結婚祝い_プレゼント」や「結婚祝い_友達」など、「結婚祝い」に関して検索しているユーザーの誰もが検索すると思われるキーワードが表示されています。

Web上の情報量

Googleは、ユーザーが効率的に求めている情報に辿り着けるためにサジェストキーワードを表示させます。そのため検索回数と同じぐらいにWeb上の情報量が必要になってきます。

どれだけ検索回数の多いキーワードであってもWeb上に情報が存在しなければ、検索エンジンの利便性が低いことに繋がるため、Web上の情報量もサジェストキーワードが表示される大切な要素となっています。

地域や言語

Googleサジェストは、検索ユーザーが検索する地域や言語によっても変わります。

IPアドレスによるサジェストの検索結果

上記は「脱毛」について東京都杉並区と沖縄県那覇市のIPアドレスで検索したサジェストキーワードです。このような機能をパーソナライズといいますが、地域や言語に合わせた適切なサジェストキーワードを表示させることにより、Googleは検索行動の利便性を高めています。

話題性のあるキーワード

また、ニュース性・トレンド性のあるキーワードが主な対象となりますが、1日の中で変化する人気キーワードもサジェストに影響します。ニュースサイトに取り上げられ、一時的に検索回数が多くなったり、関連ページが増えることが要因と考えられます。

Google関連ワードとは

Google関連ワード

Google関連ワードとは、検索結果の下部に表示される「○○に関連する検索キーワード」と表記のある部分を指します。

Google関連ワードもGoogleサジェストと同様で、ユーザーが効率的に探している情報を見つけるための手助けをしています。

Googleサジェストと大きく違う部分は、更新期間がGoogleサジェストよりも長い点です。最近では1ヶ月に1回程度の更新がありますが、少し前までは1年半ほど更新されない期間が続いたこともありました。

Google関連ワードの仕組みとは

Google関連ワードもGoogleサジェスト同様に仕組みが様々ありますので、1つずつ解説していきます。

検索回数の多いキーワード

Googleサジェスト同様、Google関連ワードも検索回数の多いキーワードを表示されやすい仕組みになっています。

Web上の情報量

Googleサジェスト同様、Google関連ワードもWeb上に関連する情報が多いキーワードが表示されやすい仕組みになっています。

地域や言語

Googleサジェスト同様、Google関連ワードも検索される地域や言語によって表示されるキーワードが変わる仕組みとなっています。

Googleサジェスト・関連ワードはPC/スマホで表示が変わることも

Googleサジェスト・関連ワードはPC/スマホで表示が変わることも

Googleサジェスト・関連ワードは、検索を行うデバイスによっても表示結果が変わります。

恐らくスマートフォンの普及に合わせ、Google側がPCとスマートフォンそれぞれの検索に対し利便性を高めるアルゴリズムを組んでおり、PC/スマホそれぞれの検索で多いキーワードや関連ワードを表示させるため、デバイスによって表示結果が変わると当社は考えています。

そのため、PCでは表示されているけどスマホでは表示されていないなどのケースも出てきますので、各デバイスを確認するようにしてください。

ネット風評被害で気を付けたいGoogleサジェスト・関連ワードのこと

ネット風評被害で気を付けたいGoogleサジェスト・関連ワードのこと

Googleサジェスト・関連ワードは、ポジティブなキーワードが表示されればブランディングに繋がりますが、逆にネガティブなキーワードが表示されてしまうとマイナスブランディングに繋がってしまいます。

例えば、会社名を検索した際に「会社名_ブラック」「会社名_パワハラ」などのキーワードが、Googleサジェストや関連ワードに表示された場合、就活生や求職者がそのキーワードを目にしたら不安になりますし、最悪の場合は内定辞退や選考辞退に繋がってしまいます。

視認性が高いからこそネガティブなキーワードが表示されていないかをチェックする必要があります。

Googleサジェスト・関連ワードに表示される主なネガティブワード

【評判/口コミ関連】 評判、口コミ、比較、2ch、掲示板、噂
【働く環境関連】 ブラック、ブラック企業、サービス残業、パワハラ、セクハラ、過労死、激務、リストラ、自殺
【経営不安関連】 倒産、解散、破産、赤字、借金、売上低下
【事件性関連】 横領、詐欺、悪徳、最悪、事件、名誉毀損、被害

あくまで上記は一例ですが、事実無根の情報であってもGoogleアルゴリズムの結果、ネガティブなキーワードが表示されてしまうこともあります。

Googleサジェスト・関連ワードが表示される危険性

Googleサジェスト・関連ワードが表示される要因は、検索回数が多いキーワードや関連情報がWeb上に多いキーワードです。

つまり、Googleサジェスト・関連ワードにネガティブな情報が表示されているということは、そのネガティブワードの検索回数が多いことや関連する情報がWeb上に多いということに繋がります。

そのため、Googleサジェスト・関連ワードにネガティブキーワードが表示された場合、サジェスト・関連ワードに影響を与えるような情報がWeb上に存在しないかを確認する必要があります。ネガティブ情報が存在する場合は、それぞれのWebサイトに合わせた対応を行なっていく必要があります。

また、サジェストや関連ワードはユーザーの目に付きやすく視認性が高いため、表示されたまま放置しておくと悪い印象を持つユーザーが増加し、根も葉もない情報が膨脹する危険性がありますので、早期に対策することをお勧めいたします。

Googleサジェスト・関連ワードの風評被害解決方法

ここまででGoogleサジェスト・関連ワードの仕組みやネガティブワードが表示された場合の危険性は理解して頂けたと思います。

ここからは実際にGoogleサジェスト・関連ワードにネガティブなキーワードが表示されてしまった際の解決方法を紹介します。

Googleに削除依頼を出す

下記のGoogleが定めるオートコンプリートポリシーに違反するキーワードであれば、Googleに削除申請を依頼することが可能です。

Google で検索する際にオートコンプリート予測キーワードを使用すると、探している情報をよりすばやく見つけることができます。検索候補が表示されない場合は、ポリシーに違反する可能性のあるコンテンツがアルゴリズムによって検出されたか、検索候補がオートコンプリート ポリシーに違反していると判断され、報告された可能性が考えられます。

Google では、不適切な検索候補が表示されないよう最善を尽くしていますが、常にそれが実現できているとは限りません。表示された検索候補が以下のポリシーのいずれかに違反すると考えられる場合は、検索候補を報告する方法をご確認ください。

下記のポリシーは、オートコンプリート機能を利用するすべてのユーザーが、有用な情報を得られ、サービスを快適に利用できるようにするうえで重要なものです。検索候補のコンテキストが、芸術、教育、歴史、記録、科学の内容に関連する場合、あるいは社会、政治、文化、経済などの時事問題の理解や参加に役立つ内容に関連する場合は、このポリシーの例外として認められることがあります。

コンテンツの削除リクエスト

リクエストに沿って、適用される法律のもと、または裁判所命令に応じて、コンテンツを削除することがあります。法的要請はこちらから送信できます。

暴力的または残虐な内容の検索候補

見る人に衝撃を与えること、世間を騒がせること、または不当に不快感を与えることを主な目的とする、暴力的または残虐なコンテンツに関連した検索候補は認められません。また、暴力行為や残虐行為を支持、賛美、矮小化したり、その被害者を侮辱したりする検索候補も許可されません。

露骨な性的表現、下品な表現、冒とく的な内容を含む検索候補

露骨な性表現、卑猥または下品な描写を含む検索候補は認められません。人体の構造や性教育に関連する医学用語や学術用語の使用は認められます。

特定の集団に対して差別的な内容の検索候補

特定の集団に対する憎悪をあおる、容認する、または助長するような検索候補は認められません。これには、人種、民族、宗教、障がい、年齢、国籍、従軍経験、性的指向、性別、性自認など、制度的な差別や排斥に結び付く特性に基づいた分類が含まれますが、これに限定されません。

著名人に対する不適切かつ中傷的な検索候補

著名人に対して中傷的または不適切と考えられる検索候補は認められません。これには、嫌がらせ、いじめ、脅迫、性的内容の不適切な表現に関連する検索候補、または嫌がらせ、身元詐称、金融詐欺の原因となるような方法で個人情報または機密情報を開示する検索候補が含まれます。

危険な検索候補

人や動物に直ちに深刻な危害をもたらす、またはそうした危害を助長するような商品、サービス、情報の宣伝に関連する検索候補は認められません。

逆にオートコンプリートポリシーに違反していないキーワードの場合、

  • 事実無根の関係ないキーワードが表示されている
  • 自社・自分に不都合なキーワードが表示されている

と権利侵害を申請しても削除されないケースもあります。

実際に申請を行う場合は、オートコンプリートポリシーのどの部分に違反しているのか、法的部分で違反している部分などを詳細に伝える必要があります。

風評被害専門会社に依頼する

Googleサジェスト・関連ワードは、表示される仕組みも単純ではなく、更新頻度も限られているため、簡単に削除できるものでもありません。

そのため、ノウハウのあるネット風評被害・誹謗中傷対策を行う専門会社に依頼するのも1つの手です。風評被害対策の窓口では、Googleサジェストの成功率90%、関連ワードの成功率78%と高い成功率で対策することが可能です。

Googleのブラックボックスになっている部分も多いのですが、専門スタッフが日々研究を重ねています。Googleサジェスト・関連ワードの風評被害・誹謗中傷にお困りの方は、相談は無料ですので1度当社にご相談頂けますと幸いです。

まとめ

Googleサジェスト・関連ワードの仕組みや風評被害リスク・対策方法までを解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

Googleサジェスト・関連ワードは、ユーザーの検索回数やWeb上にある情報量によって表示されるキーワードが変わります。

仕組みや対策方法を理解していても中々対策が難しいのが厄介なところです。Googleサジェスト・関連ワードにお悩みの方は、無料で相談頂ける風評被害対策の窓口にご相談ください。